人事コンサルは見た!

”人事課題”や”会社あるある”を漫画にしてシェアするブログです。

激務コンサルファームからの独立!離職率や離職理由は!?弊社はフリーコンサルタントを応援します!

f:id:bizleadconsulting:20170908132040j:plain

大手コンサルファームから独立し、個人で活躍するフリーコンサルタントを支援します

ビズリードコンサルティングです。

私たちはこれまで人事組織領域を専門とした小規模コンサルとして展開して参りましたが、9月より新たな事業を進めていく事となりました。

コンサル業界の離職率

コンサル業界では、多くの企業が離職率を公開しない事で有名そうです。

「コンサル業界 離職率」で検索すると、個人的なブログが上位に表示されます。

転職四季報、就職四季報などもNot Applicable(データなし)と記載されており中々実態を外から把握する事は難しいようです。

それは、なぜなのか。人事が離職率を公表しない理由はただ一つ、企業のイメージにプラスではないと判断した時です。

なぜ離職率が高いか

離職率が高いとネガティブなイメージを通常では持ちますが、コンサル業界については一概には言えないと思います。

コンサル業界におられる方なら頷きポイントだと思いますが、コンサル業界はファーム毎の個性が強く、違う業界の企業かと思うほど手法も戦略も労務環境も違うそうです。

その点から、離職背景は以下の事を推察します。

  1. ファームからファームへの転職が多い(業界には留まる)
  2. 大手企業での経験を生かし個人事業主として独立
  3. ライフスタイルの変化から継続不可能と判断し離職
1.ファームからファームへの転職

「営業職」「事務職」「販売職」等の職種からは考えられない事かも知れません。特に営業職、事務職は業界・会社風土に嫌気がさし、新天地への転職を考える方が多い為、じゃあなぜ転職を?と思う方も多いと思います。

しかし、実態としてはコンサルタントでは”あるある”で、非常に多くの方が同じ業界内で転職を繰り返しているようです。

転職理由もポジティブで、自身の専門領域に磨きをかける為、強みを持つファームへ【移動】するというスタンスのコンサルタントも多いようです。

その理由としては、コンサル企業の社員という意識ではなく、コンサル業界に帰属するコンサルタントというイメージが強いからかもしれません。

実際にコンサルタントは自社に常駐するよりも顧客先に常駐する事が多い為、そもそもの帰属意識も他業界とはギャップあると思われます。

2.大手企業での経験を生かし個人事業主として独立

弊社代表がこのパターンです。

大手企業に属するコンサルタントは確かに大規模プロジェクトに参画する事も会社が手配する為、そのチャンスは豊富です。

しかし、同時に所属している会社の風土や働き方にも帰属する為、ある一定の期間を経て自分に独り立ちをする体力と能力があると確信を得た時に、所属会社からの独立を考える方が多いようです。

その場合も、上記の「ファームからファームへ」と同様に「コンサル業界に属する気持ち」で独立をします。

3.ライフスタイルの変化から継続不可能と判断し離職

コンサルタントの稼働率はほとんどのプロジェクトで100%(フルタイム月160時間程度)が一般的です。

そうなると、出産直後の女性社員(もしくは配偶者の代わりに育児に専念をしたい男性社員)はこのコンサルティング契約を受ける事が出来ません。

大手ファームでは徐々に時短勤務制度が整ってきたとは聞きますが、商社やメーカーに比べるとまだまだ途上のようです。

ビズリードコンサルティングが支援したいコンサルタント

私たちがこのフリーコンサルタントを支援したいと思った一番の理由は、まず代表が大手コンサルから独立した経験がある事(2に該当)から、個人がコンサル業界で活躍することの難しさを理解し、それを何とかしたいと思いました。

難しさ

  • 次のプロジェクトを並行して見付ける事の難しさ
  • やりたい案件を獲得する為の情報収集
  • ベンダーとの直接交渉

社長兼コンサルタントとして、プロジェクトを切らさないように獲得していく事は非常に大変です。

プロジェクトに入っていない期間は無収入となる為、「何でも良いから次の案件」と焦る気持ちを持つ個人事業主も多いと思います。

しかし、そうやって妥協を重ねていくと、本来の自分の専門領域からも外れてしまい段々と単価も下がっていくという悪循環が生じてしまい、私たちはこれを阻止したいと感じました。

次に支援したいと思ったのは(3)のライフステージの変化により退職を余儀なくされた方です。

もともとビズリードコンサルティングは「働き方を柔軟に、無理をせずに長く働ける企業」を目指している為、この点で悩むフリーコンサルタントの働き方も守っていきたいと思っています。

具体的には稼働率70%~50%といった案件の獲得や、働き方の交渉などの窓口となりたいと思っています。

私たちは人事組織領域のプロ集団を目指していますので、フリーコンサルタントの働き方改善や安定へも力を入れていきたいと思っています。

  • 希望報酬額
  • 稼働可能時期
  • 希望稼働率
  • 専門領域
  • 勤務可能エリア
  • これまでのご経験

これらの情報をお送り頂けましたら、まずは数件ご紹介し、ご興味頂けたプロジェクトのみ進めさせて頂きます。

お気軽にご連絡下さいませ。

www.wantedly.com

 コンサル業界についての”あるある”も随時配信していきます!